印刷物へのAR(拡張現実)サービス強化のお知らせ

弊社では、かねてより印刷物への
AR(拡張現実)サービスを提供して来ましたが、
さらにニーズに合わせた多彩なご提案が可能となりました。

ARとは印刷物のデザインや写真、
又GPSの位置情報等をマーカーとして認識し、
サーバー上のコンテンツに紐付けされる事で
スマホやタブレット、又各種デバイスの画面に
コンテンツ内容が瞬時に表示される技術です。

つまり対象物を拡張し表現しますので、
拡張現実(Augmented Reality)と呼ばれています。

QRコードとの大きな違いはあらかじめマーカーを印刷する必要が無い点です。
既にある物をマーカーに出来る為、利便性、応用性が有ります。

ごく最近になっていろいろな分野で実用化されてきました。

・【アパレル業界での導入】

※鏡の中のARシステムがお客様自身をマーカーにする事により、
いろいろな服装をバーチャル的に試着できるサービス
※ヘアーサロンやネイルサロンでも応用できます。

・【マークティングとしての導入】

※お店に展示したポスターなどをマーカーとし、
スマホをかざす事による特典提供でユーザーを店舗に誘導する。
(告知はWEBサイト、SNS、リーフ等)
※上記に近いプロモーションを女性ロックアーティストが
アルバム発売前に行いました。(オリコンチャートは1位)

・【建設業界での導入】

※クライアントと共に建設予定地に行き、完成後を体験してもらえる。
(360度からの確認、又内部も体験できます)
※完成後見えなくなる排水管等の場所や状態が、
完成後もスマホやタブレットで透し画像として確認できる。

・【パンフレット、カタログ、説明書、教本での導入】

※パンフレット、カタログなどの商品写真をマーカーにし 、
3D映像表現が出来る為、販促効果が期待できる。
(車などは上下左右からスタイリング確認ができる)
※取扱い説明書など、文字だけでは分かりづらい説明を部分的に映像化できる。

ーーーー等々です。

AR技術へのニーズは今後テクノロジーの発達と共に、
益々いろいろな分野で増えていきますので、
是非お気軽にお問合わせください。

将来的な段階でも、スペシャリストが親切にお応えいたします。

【お問合わせ電話番号】
076-451-0075又は080-6360-0240